ハイパースキン脱毛のメリットとデメリット

新しい脱毛方法として注目を集めているのが、「ハイパースキン脱毛法」という処理方法になります。

 

まだまだ一部のサロンでのみの施術になるため、施術方法を知らない、名前も聞いたことがないという人も居るでしょう。

 

ハイパースキン脱毛の特徴とは、今生えている毛には何も行わない施術です。どういうことかというと、発毛期や休止期の状態の毛穴に効果を発揮させることが出来ます。

 

発毛期というのは、大人であれば毛穴から毛が抜けたあとの段階です。また、毛が生える前の段階の毛穴にも効果があるので、小さな子供のムダ毛処理にも、大変適している施術をいえるのです。

 

「熱で焼く」方法とは違いますので、痛みや熱さは全くありません。

休止期の毛に働きかければ毛の成長を止めてしまう

という事が可能です。ハイパースキン脱毛は痛みがゼロの脱毛方法です。熱を使ったムダ毛の脱毛とは違うので、お肌への負担がありません。

 

痛みが気になるという人、VIOラインの痛みが強い部分、顔のデリケートな部分など、痛みが大きくなりがちな部位にも、全く心配が要りません。そして美白効果が高いことも注目のポイントです。

 

フォトフェイシャルという波長を含んでいるため、美肌に効果的な肌細胞に働きかけをします。結果的には、ターンオーバー、コラーゲン生成を促すことが可能です。

 

そのため、色素沈着が気になるという人、年齢肌を食い止めたいという人など、きれいな肌を維持しつつ脱毛をしたいという人に最適の方法といえるでしょう。短所についてですが、

ハイパースキン脱毛は効果が出にくいという人が多い

です。効果が現れないというよりも、効果を実感できるのが遅いというのが正しい表現です。既に生えている毛に働きかけるのではなく、肌の下で休んでいる休止期の毛に働きかけます。

 

そのため、目に見えた結果がすぐに出ないというのはいたし方がないことです。12回前後の施術を終えて、光脱毛と同程度の効果を実感可能です。

 

そのため、すぐにどうにかしたいと思っている人よりも、長い目で見て綺麗になりたいという人に向いている施術でしょう。また、施術を受けることが出来るサロンが限られています。

 

エステサロンの光脱毛に比べると高めであり、医療レーザーや針脱毛に比べるとずっと安めになるという目安です。