脱毛サイクルによる効果的脱毛とは?

私たちの身体に生えている毛は、毛周期というサイクルがあります。

 

この生え代わりのサイクルは、1つの毛が産まれ抜けるまでが1サイクルです。

 

この毛周期について詳しく理解をし、正しい脱毛期間を置くことで効果的な脱毛ができると言えますよ。

 

脱毛サイクルとは「毛周期」と言われる毛の生まれ変わりの事を差します。毛周期には休止期、成長期、退行期と言う流れがあります。休止期は、毛根に毛が生えていない状態です。

 

成長期は、毛根に出来た毛の種が成長をし、毛穴から出てくる状態です。退行期は、生えた毛が抜けて落ちるころになります。

 

脇のムダ毛であれば、今見えているムダ毛は全体のわずか3割程度です。3〜4カ月の周期で新しいムダ毛が生えてくるので、あまり慌てて脱毛をしても効果を発揮することが出来ません。

 

つまり、脱毛が始まったら少なからず毛周期のメカニズムを頭に入れておくべきですね。正しい脱毛サイクルは、毛周期を考えた脱毛と言えるでしょう。脱毛を始めたら、

毛周期を考えて効果的な脱毛を行う

べきです。この為、一般的に脱毛には2〜3か月の間をあけるのが適切だと言われています。

 

これは、今見えている毛が全体の約3割程度である事、毛の成長スピード、生え代わりの日数等を考慮して、お肌に負担をかけずにより多くのムダ毛にアプローチするために大切な事だからです。

 

光脱毛やレーザー脱毛であれば、成長期にあるムダ毛に光を充てて処理をしていきます。その為、

現状で見えている3割のムダ毛のみに効果を発揮

します。2〜3か月後、次回の脱毛では新しく生えてきた成長期のムダ毛に光を当てることが出来ます。脱毛を効果的に感じるためには、脱毛に適した毛周期を意識するべきです。

 

より綺麗に処理し、しっかりと効果を得るために毛周期はとても大切。脇脱毛も脱毛に適した毛周期を意識して施術を行う事です。早く脱毛を完了したいからと言って期間を開けずに脱毛を行うのはNGです。