除毛、抑毛、脱毛の違いって?

ムダ毛の処理方法には脱毛の他に抑毛や除毛という選択肢もあります。それぞれの特徴を説明します。

 

脱毛とは一般的なムダ毛処理方法として一番認知度が高いのが、脱毛です。

 

脱毛サロンや脱毛クリニックの広告が至る所に飾られている影響からか、「ツルツル肌を目指したいなら脱毛」という定説ができつつあります。

 

さて、脱毛にもいろいろなパターンがありますが、最も典型的なのはレーザー光線やフラッシュ光線を肌に照射することによって毛根を破壊する方法です。

 

このように毛が生えてくる源である毛根にダメージを与えることにより、毛の再生能力を奪っていきます。脱毛クリニックやサロン、または家庭用脱毛器によって可能です。

 

他にもワックスや毛抜きを使った自己処理も脱毛として考えられています。除毛とは、脱毛のようにムダ毛の根本にアプローチするのではなく、

皮膚の表面に生えている毛を剃っていく

ことを指します。具体的には、カミソリやソープつきの除毛グッズなどを使ったシェービングが除毛に該当します。気になる部分のムダ毛をすぐに、そして一気に処理できる点が魅力です。

 

ただ、お肌に刃物を当てるため、どうしてもお肌に対するダメージが大きくなってしまいます。色素沈着や出血などの肌トラブルが多いのも除毛です。

 

そこで、除毛時にお肌に塗ることによりダメージを最小限にする目的の除毛クリームも販売されています。抑毛とはもともと体毛のあまり濃くない人や産毛の多い人におすすめなのが、この抑毛です。

 

文字通り気になる部分のムダ毛が生えにくくなるようなアプローチをする処理方法です。

 

抑毛クリームやジェル、ローションなどを根気よく塗り続けていると、段々毛が薄く目立たなくなっていくのを実感するという声はよく聞かれています。

 

美肌成分をたっぷり含んだ抑毛グッズも多く出回っており、スキンケア効果が高いとも言われています。ただ、効果が出てくるまで時間がかかるのが難点です。